電子ブレーカーを導入して電気代を安くする|ご自宅の電気をお得に

安全な水を確保する

台所

日常的に使用する水道水ですが、そのままの状態で口にすることに抵抗がある方は沢山いらっしゃると思います。水道水は、殺菌消毒のために塩素を使用しており、残留塩素として体内に残り、発がん性物質であるトリハロメタンを生成してしまう恐れがあるのです。世界的に見てみると、日本の水道水は安全だとされておりますが、健康志向が高くなっている現在では、浄水器を使用して安全な水を確保する方も増えています。浄水器の種類としては、一般的に使われる蛇口直結型が人気の高い種類です。蛇口に取り付けることで、水道水をろ過するタイプの蛇口直結型浄水器は、安く購入できることが最大のメリットでしょう。シンクに設置する据え置き型やアンダーシンク型などの種類も、高い効果性が期待できる浄水器として導入を検討するご家庭が増えています。震災以降は、防災意識が高くなっていることから、防災グッズとしても使用できるストロー型の浄水器も、売れ行きの良い商品です。また、水道水への放射性物質の混入が懸念されている現在では、放射性物質を取り除くことが期待される浄水器も発売されています。通常の浄水器では放射性物質を取り除くことは不可能ですが、放射性物質除去効果が備わっている浄水器では、0.5~2ナノメートルという小さな孔からろ過することで、放射性物質を取り除くことが期待されています。浄水器は、定期的にフィルターを交換する必要がありますので、購入を検討する際は、フィルター交換の期間や費用などの項目も考慮することで、適切な商品を選択することができるでしょう。